about古事記プロジェクトについて

一般財団法人竹田研究財団 『古事記』編纂1300年記念事業
平成24年が古事記編纂1300年の記念すべき年であることに鑑み、当財団では公益事業の一環として、「古事記1300プロジェクト」を立ち上げました。この計画は、一人でも多くの国民が古事記との縁を繋ぐことを目的とします。

1.古事記普及事業「全国のホテルや学校に古事記を置こう!」プロジェクト

従来、大多数のホテルの客室には、『聖書』と『仏教聖典』が常備されていますが、『古事記』が設置されているホテルは存在しませんでした。
二十世紀を代表する歴史家のアーノルド・トインビーは 「十二、三歳までに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅びている」 と述べています。日本では戦後、GHQの指示により神話教育が行われなくなりましたが、米国や英国をはじめとする連合国は、現在でも学校で神話教育をしています。日本人が日本神話を知らなくなったことは、日本の危機であると考えなくてはなりません。
そこで当財団は、全国のホテルや学校に【無償】で「古事記 – 現代語訳」を配布しています。古事記編纂1300年にたる平成24年からプロジェクトを立ち上げました。

この度、北海道竹田研究会が、学校への古事記寄贈の価値が評価され札幌市教育委員会より感謝状の授与をいただきました。

 

2.協賛のお願い

このプロジェクトは、皆様からの寄付によって成り立っています。
一部屋でも多くの客室に、『古事記』を無償配布するために、ご協力をお願いいたします。
一口一万円以上のご寄付をしてくださいますと、謝礼として「國酒禊」の純米吟醸(4号瓶)1本をお渡ししております。
在庫がなくなり次第終了とさせていただきますのでご了承ください。

●古事記配布数
30,000冊 (平成28年5月現在)

●寄付の手順
下記の「寄付金募集要項」に必要事項を記入の上お申込みください。

3.古事記 配布リスト

※『古事記-現代語訳』(古事記普及委員会、非売品)は全て無償にて寄贈させて頂きます。
また、梱包費・配送費など一切の費用は当財団が負担致します。

4.國酒禊プロジェクト

「國酒禊」は愛媛竹田研究会若山幹事長の働きかけで研究会の主要メンバーとなった食と農を大切にする「一般社団法人まほろば」の理事たちを中心に竹田恒泰と共に農薬、肥料、除草剤を一切使わずに自然栽培で米作りをして、自分達の手を加えて愛媛県の「千代の亀酒造」で醸造した特別な日本酒です。

瑞穂の国の基本を為すのは米作りです。稲は生命の根であり、その恵みが込められたものが米なのです。 そのお米を磨きあげて生まれるのが日本酒で神事には欠かす事が出来ません。

竹田恒泰はこの米作りと酒造りの工程に企画・参画し「國酒禊」の命名とラベルの揮毫もしています。 御田植祭や抜穂祭などの神事を行い、醸造された「國酒禊」は明治神宮に奉納しています。

平成25年から、愛知竹田研究会スタッフが國酒禊のプロジェクトに賛同し「一般社団法人まほろば」から苗を取り寄せ、同じ農法で酒米を作りはじめました。

そして平成27年からの新酒は、愛媛と愛知の酒米をブレンドして醸した「國酒禊(国生み)」が出来上がりました。国生みとは古事記のいざなぎのかみといざなみのかみが国生みをした、ということから竹田恒泰が命名しました。

「國酒禊(国生み)」はすべて古事記プロジェクト(古事記の無償配布のため)の寄付(1万円)をしてくださった方への謝礼として差し上げるため、販売はいたしません。 生産本数は少量で、竹田恒泰自らお米作り、お酒造りに参加いている大変貴重な國酒です。

心をこめて造りました「國酒禊(国生み)」をたくさんの方々に味わって頂きたいと思います。

竹田研究会 会員登録

会員登録をしていただきますと指定された地区の竹田研究会開催状況をメールにてご案内いたします。
入会費・会費は無料です。
なお、各地区で開催される竹田研究会の参加費は2,000円となります。(非会員の場合は3,000円)

会員登録はこちら